halcan



<   2004年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧


antz (central park film festival)

woody allenが声をやっているというのに惹かれてみにいった
dream works製作だけど話自体は別になんつうことはなかった

最後の5秒だけのためだけに上映したんだな
[PR]
by halcan2 | 2004-08-31 15:58 | 映画

on the town (central park film festival)

日本語タイトルは
踊る大紐育
・・・nyを踊り歩いているという意味では正しい
ジーン・ケリー、シナトラとその周りの人たちの出ている古き良きミュージカル映画
一日上陸を許可された水兵三人がnyで巻き起こす騒動のどたばたコメディー
ann millerのタップがすごい
[PR]
by halcan2 | 2004-08-31 15:55 | 映画

new york, new york

夏休み最後の記念に、と思って
二年越しでいきたかったblossum diaryを聞きに行こうとしたのだけど
今日やるって書いてあったのに"she's out of town"といわれた
しょうがない、タイミングよく友人に誘われたご飯会へ

電車で40分ほどのところにある中国人のたくさん住む地域におりたち
少し待つとマレーシア人二人と香港人が一人現れた
私の直の友人はマレーシア人で、今夜の共通語は広東語(と少し英語)
広東語が全くわからない私を始終みな気遣ってくれてうれしかった

台湾料理をうまいのまずいの言いながら食べてからカラオケへ

マレーシア人の人たちの話す広東語と香港人の話す広東語は違うそうで
それにまつわるジョークが絶えなかった

広東語と台湾語の並列された歌詞とか
(manhattanの中華街は香港系、flushingの中華街は台湾系だからかな)
広東語に翻訳されたサザンとか玉置浩二とか
例によって誤植だらけの日本語とか
真夜中のチャイナタウン散歩とか
ディープなnyを感じた


昼間は昼間で、友人の卒業公演に持っていく花を探すために
うわさに聞いたflower districtを探しにチェルシーまでいったんだけど
republican conventionに対するprotest marchまっただなかで
市民権も選挙権も持たない私は
心の中ではdemocratsを大いに応援しつつも遠巻きに眺めてた

ずきんとしたのは
十個ほどの棺型の箱に、一つ一つアメリカ国旗を巻いて運んでた人たちがいたこと
armyにつれてかれた友人を思い出したってのもあるけど
こういう光景が今現実に起こっているんだよなあと思ったら涙が出てきた

しかも十個やそこらじゃないんだよ

毎回スローガンには感心させられるのだけど
今回の一番は
my students are not better-offs
おかしかったのは
bushit (bull shitのもじり)

夕方、またもたくさん逮捕されてる人たちがいた

今のアメリカの繁栄が過去の幾多の無駄な戦争の上に成り立ってる事を考えると
戦争反対、と声高に叫んでいるアメリカの人たちを見るのは複雑だけれども
やっぱり戦争は良くないよ
戦争やめてみてそれからの道を模索するべきだよ
[PR]
by halcan2 | 2004-08-30 14:04 | ny

sidecar

お酒って、一口飲んだらもうそれからはそういう気分になってしまうもんで
今日は夕方にビールを飲んでから久々にそういう気分になってしまった
bedfordの喫茶店で豆乳蜂蜜珈琲を飲んでもおさまるようなものではなく
うちに帰ってから酒棚と冷蔵庫と相談してsidecarを作ってみた

おいしい

質量保存の法則はここでもあてはまるわけで
おいしい材料を使ったら当然おいしいものが出来るんです

カクテルが作れるセットを買いたくなるね

酒棚も充実させたくなるね

気持ちいい
[PR]
by halcan2 | 2004-08-29 14:36 | おいしい

P.S.1

warm up 2004
美術館の庭を利用した音楽イベント
今日はImagine Festival of Arts, Issues & Ideas, a citywide cultural festivalの一部だったのだけど
designed to inspire, instigate and support civic engagement through the arts
っていうコンセプトはいまいち伝わってこなかった
大統領選が近かったり
今、共和党のconventionをmadison square gardenでやっていたりで
いろいろ主張したがるイベントがやたらあるんだ

やっぱ夏は野外だなあと思った
しかもP.S.1って、public school 1、いわゆる”第一小学校”だから
もともと小学校だったところをそのまま使った美術館だったので
文化祭みたいでなつかしくてわくわくした

足浴できる、たらいみたいな浅いプールがあって
そこに足を突っ込んで地元のbrooklyn lagarの白ビールを飲んだら
今日は特に蒸し暑かったからまるで日本の夏みたいだった

あたし音楽のジャンルにまるでうとくて、今日のはどうやらハウスだったようなんだけど
踊ってていまいち抜け切らなかったな
途中レゲエっぽいサンプリングがあって、そしたらあたし単純だから
少しだけ気持ちよくなった
今年の夏は無駄にワシントンハイツに自らを軟禁してたから
すっかり夏を逃した気分だ

ビールが入って、庭でかかってる音楽を聴きながらあるいてまわる美術館も気分よかった
アルコールを摂取してから美術館行くのっていいかも
美術館にいくんだから当然マッシュルームをきめなきゃ、と思って
っていってた人を思い出した
聞いた時は理解できなかったけど一理あるかもね
フジロックで420(weed)やってる人たちも相当気持ちよさそうだったしな

住宅街の野外イベントだから9時でお開きになった
この物足りなさをどうしてくれようかと思ったけど
どこかいい場所を知ってるわけでもないので
しょうがない、いつものごとく音楽を聴きながら散歩した
(greenpoint→bedford→village)
小さいポシェットだったのでCDは、Jr. / tokyo no.1 soul set一枚きり
あぁ、i pod欲しい


明日で夏休みももう終わり
どう使おうかな
[PR]
by halcan2 | 2004-08-29 13:42 | ny

ベイビーちゃん(長文)

昨日は久しぶりのbaby sittingだった
2時から11時までベイビーちゃん(9歳のジェントルマン)と遊ぶお仕事なんてヨユウ
・・・と思ってたんだけど甘かった
9歳は若いんだってことをすっかり忘れてた
最近リラックスしているので始めっからテンション高い

恒例になっているエレベーター脇での入り待ちがいつもとちょっと違ってて
見たことあるような古いジョークだったんだけど世代的に違うからあれれと思ったら案の定
これね、面白いんだよ、って見せてくれた宝物は
八時だよ全員集合!のDVD全3巻
”おばちゃまが貸してくれた”んだって
お母さまに、(ベイビーちゃん)渋好みですね、っていったら
おもしろいわよねこれ、周りで誰も理解してくれないけどもうオバサンキラー一直線よ、って
何事につけても余裕のあるお母さま(ってベイビーちゃんが呼んでいる)でおもしろい
当時はPTAが真っ赤になって見せるな、といっていたはずなのに
ていってもわたしたちの頃(80年生まれ)には親が率先してみてたか

それからベイビーちゃんおすすめのドリフのコントを彼の解説付きでみて
(ほら、オチを解説したがるでしょ子どもって)
トランプを少しして
苺を買ってきて苺シェイクを作って
水遊びをしたがる彼と思いつきでcentral parkまでいって
公園の中ほどにある回転木馬を探しに行ったつもりがボート池についてしまい
流れでボートをこぐことに

二人のポケットを探ったら必要な額にに20セント足りない

どうしようか

困ったね

おちてないか探してみよう

・・・うーん、ないねー

聞いてみようか

と、受付のお姉さんにお金がちょっとだけ足りないのだけど乗せて欲しいのです
とはいってみるもんで
$20は預かり金だからそれを$10にしてあげる
といわれて乗りました
カヤックならやったことあるようまいよ、っていうベイビーちゃんにジャケットを着せて
一時間の旅に出た
写真を撮って、持ってきたまだほんのり冷たいシュークリームを半分つ食べて
(バイト採用の電話を受けて、ひゃっほう!)
水しぶきを巻き上げて、図らずもオールを他の人の背中にぺったんさせたりして
戻ってきたらもう足腰ぐったり足元ふらふら
そんなあたしを尻目にベイビーちゃんまるで明日に向かって、とでもいうように走る走る
よっぽど木馬に乗りたかったのねー

ほうほうのてい(わたしだけ)で探し当てたcarouselはもう終わってて
ベイビーちゃんがっくり
しょうがないからお家に帰って苺シェイクの証拠隠滅をしよう
と帰途に着く
が、途中でお母さまから居場所確認の電話が入って間に合わないこと判明

お家についたら幸せな家族の夕餉らしいにおいがした

我が家の一番人気のおかずなのよ、ってだしてもらったのは
久方ぶりの揚げ物、とんかつ(しかも梅と紫蘇がはさんであるやつ)
お仕事ディナー(予想)に出かけるご両親を送って二人の夕餉
好き嫌いないのはえらいんだけど量が食べられないのね
さっさと食事を終わらせてベイブレードを見せてくれる
お皿を片したら次はモノポリーの設営が始まってた
ほんとはもう寝る時間なのでお互い目がうつろになりながらゲームを進めて帰りを待った

おみやにお味噌汁をいただきました

おかげで夕べはよく眠れました
[PR]
by halcan2 | 2004-08-26 22:40 | ny

Paul Auster: works and process

チケット二日分入手!
わーい!

売り切れ必至なのでまだの人はお早めに

今までにわたしがauster好きだとこっそり教えたアメリカ人たちは
異口同音に、誰それ、とかいっていて(この世界的に有名な作家の地元なのに!)
わたしの周りには興味があるどころか知ってる人たちもあまりいないので誰も誘えず

一人でも平気だもん
何かにこんなにはまるのって久しぶり

ものすごい緊張するのわかってるから
レセプションパーティーの安そうなワインをがぶがぶ飲んで
サインをもらいに行こうと思う

いつもこういう時って、サインをもらってる人を遠巻きに眺めるだけなんだけど
(だって、本領で勝負でしょう?サインなんか残したってしょうがない)
今回はそれどころじゃないんだ
それくらい好き

きゃあ


・・・男日照りがこういうところで噴出するのか?
なんか中学生みたいな騒ぎ方をしている自分にいささか引いてしまうが
[PR]
by halcan2 | 2004-08-25 13:39 | 舞台

breakfast at tiffany's

いわずと知れたaudrey hepburn主演の名作

今日から五日間、central park film festivalっていうのがあって
野外の大きなスクリーンでny、central parkを舞台にした作品を上映する
その初日がbreakfast at tiffany's
ちゃんと最後まで見るのは初めてだったんだけど
なんか意外な映画だった

audreyって、日本でいう夏木マリとか加賀マリ子なわけ?
いやー、意外だったー
タバコばかばか吸って、お金を持っている男の人を渡り歩いて
お酒をがぶがぶ飲んで、万引きして、
意表をつかれて面白かった

例によって、野蛮で短絡的なアメリカ人のアジア人描写に腹が立ったけどね

エンドオブザワールド / 岡崎のミスターユニオシはここから来てるのね


初めに解説があった

わたしたちはこういうのを期待してnyに来たわけですが
実際こんな生活なわけありませんね
でも、誰かがこんな生活をしているのを知るだけでも・・・
(it's nice to know that somebody has this life)

もともとmarilyn monroeがhollyをやるはずだったんだけど
所属の会社(20th century foxだったっけか)が貸し出しを渋ったため
audreyがやることに
これを撮ったとき彼女31歳で、役の年齢が18歳
キャラクター的に自分には出来ないといっているaudreyを説き伏せて出演させたそうだ
でも災い転じて、だよね
some like it hotみたいのを目指してたんでしょうきっと
audreyのものすごい清潔感でどろどろしてしまいそうな場面がすごく救われてた
生着替えが何度もあったのは当時のサービスなんだろうか
セーターガールズ的な


もうすっかり秋の気候で
出掛けに行ってしまって寒かったー
周りの人たちは用意周到でピクニックしてた
あたしもしたいな
あんまりおいしくないポップコーンが無料配布だった
映画自体も無料だったし
降るような、とは程遠いお空の星を補うように
ぴかぴか光って飛ぶ飛行機を時折眺めながらの映画はとっても新鮮

nyを舞台にした映画をnyでみるしかも野外で、っていうのは素敵な思い付きだと思う
[PR]
by halcan2 | 2004-08-25 13:14 | 映画

ジョゼと虎と魚たち

ツマブキくんかっこいい☆
とか言っている男子を尻目に私は池脇千鶴の変化(へんげ)に惚れ惚れしてた

映画自体はなんだか中途半端というか70%な感じだったけど
(大学生役の人たちみんな下手だったなあ)
彼女が変わっていく姿っていうのが非常にすがすがしくて
それまでの作品を全く知らないけど好きになった
映画のコマ撮りであれだけ納得のできる成長の仕方を見せられたら上出来なんじゃないか

動く板尾さん素敵

でももっといけたでしょう
期待したほどでなかったのは残念だった

とはいえ、個人的にはツマブキくんにたいして動かされなかったけれども
同性をひきつける魅力っていうのは非常に大事なものだと思うよ
[PR]
by halcan2 | 2004-08-25 12:59 | 映画

motorcycle diaries

これはもう南アメリカに行かなくてはいけないと思わせる映画だった
ゲバラっていう名前は聞いたことあってもどんな人だったかっていうのは全く知らなかった
やっぱりすごく熱いいい子だったようだ
(俳優がめちゃくちゃかわいかった)

キューバに行きたい

ムッシュウが、南米にいくなら絶対キューバ、とものすごく推してた
なんでも社会主義で教育水準が高く、とても安全な国だそう
カリビアンの島々ってどうしてもごっちゃになっちゃうんだけど
どうやらそういうイメージとは違うようだ

今日久方ぶりに会った友人は語学学校の夏休みを利用して
ヨーロッパ一週間旅行を済ませてきていた

日本から行くよりも行きやすいところにはどんどん行くべきだね
そんなに長い間ここにいられるわけじゃないんだから
[PR]
by halcan2 | 2004-08-25 12:51 | 映画