halcan



<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


八ッピーホリデイズ

クリスマスです
よい子のみなさん、サンタさんはきましたか?
クリスチャンではないのでミサに行っても何も正しい(amen)とは思えませんでしたが
むしろあんまり表層的によい子なのが鼻について一人悶々としていましたが
皆さんは素敵なホリデーシーズンを過ごしていることと思います
(peaceは祈るものじゃなくて、行動するものですよね?)

電車の中で泣くくらい嫌なことがあって、たぶんひどい顔をしていたんだと思うんだけど
おじいさんがつかつか、と近づいてきて
まずい、また変なのがきた、と思ったら
hey, MERRY, christmas!
って言われた

変とか思ってごめんなさい
天使は人の形をしてるんだった

二年前の一人で過ごした大雪のクリスマスに
不良っぽいお兄さんにmerry christmasて言われたのが少しフラッシュバックした

こういう出会いに助けられてnyで生活してるんだと思う
嫌なこともたくさんあるけど、誰かしら救ってくれる人はいるからね
大丈夫、まだいける
[PR]
by halcan2 | 2004-12-26 06:45 | ny

クリスマスに懐石を食べる人たち

上からのお達しでクリスマスイヴは仕事を休めなかったので
クリスマスイヴを楽しんでいる人たちを横目に眺めていました

クリスマス用に懐石を用意していて
観光できたらしいお客さんに
nyの日本人は毎日こんなものを食べているのかね、と質問された女将
いいえ、まさか、と答えた数分後
毎日こんなものを食べたらどうなるのかね、と同じお客さんに質問され
病気になります
と断言した女将に拍手、というか大笑い


クリスマスは一般的には家族の日なので
あらゆる意味で出稼ぎ労働者ばかりのnyは、一部の観光地を除いてはかなり静かです
[PR]
by halcan2 | 2004-12-26 06:44 | そのほか

again、情報アンカー

小沢君、結婚してたんだ
知らなかったー
ずいぶん若い子と結婚したのね
[PR]
by halcan2 | 2004-12-26 06:03 | そのほか

nut cracker

つけっぱなしになっていたテレビでくるみ割り人形が始まったのでみた
この作品にまつわる思い出がいくつかあるので懐かしいなあ、と思ってみていたら

すごいダンサーがいた

よくよくみれば、見覚えのあるダンサーで、しかも唯一の日本人の吉田都さん
やっぱりロイヤルバレエだった
クララ役の人もチャーミングでとっても上手だったけど
体から音楽が聞こえてくる、という面では吉田さんの右に出るダンサーはいなかった
止まるべきところでぴたっと止まるの
ピルエットの後に無理なポーズで止まるときも
力技でとめるんじゃなくて、すう、と収束するように止まるの

彼女の実力を正しく認めて正しい役をあげたロイヤルバレエってえらい
nyの風物詩でnew york city balletのnut crackerがあるけど
(ナルシスティックなダンサーばかりのバレエ団でわたしは好きじゃない)
あのバレエ団はそもそも白人ばかり採用するので有名で
もし彼女がこちらの、というかアメリカのバレエ団にいたら
適材適所、なんて聞こえのいい言い訳を武器に
ほかのアジア人のダンサー(if any)と中国の踊りとかやらされてたんじゃないかと思う

彼女は伝説になるタイプのダンサーだと思う


なんて、例によって、舞台を見た直後の興奮に負けて感情的なこと言ってる

彼女を舞台でみてみたいな
[PR]
by halcan2 | 2004-12-26 05:16 | 舞台

musical theater dance with david marquez

一番前の真ん中で踊っていたら
鼻先三寸のところに立ちはだかるセンセイ
手のひらを肩の前にだして、押してみろ、と言う
軽く押したら、もっと、もっと、と言うので強く押したら
E-NER-GYyyyyyyyyyyyyy、って
クラス全体にいえたことだろうと思うのだけど
ダンスにenergyが足りなすぎる、と言いたいらしい

確かに

言われて周り見たら、てきめん、同じ振り付けなのに生き生きしだした

くらくらした

彼のリズムの取り方ってすごく細かくて、ラテン的で難しいのだけど
びっくりするくらい説得力があるのね
彼の振り付けの才能も素晴らしいし

今日は機嫌が良かったのかよく注意してくれた
ようやく生徒になれたみたいでうれしかった

たくさんたくさん学んで帰ろう
[PR]
by halcan2 | 2004-12-21 14:50 | 習い事

あたまをひねって

電波をキャッチするために天井近くまでパソコンを持ち上げています

普段、できるだけ物を買わないようにしていて
でもやっぱり消費活動をしないと磨り減っていくというのが
昨日今日のお買い物で気がつきました
人間性の回復
クリスマスショッピングのはずが、結局買ってきたものはほとんど自分のもので我ながらびっくり
買うものをしっかり決めてから外に出るべきですね

ハルキが苦手なのはここでも何度か書いたけど
食わず嫌いっていうのは気に食わないので読むようにしている
私の嫌いなところって言うのは、読むごとに気にならなくなっている
この人はこういう人だからしょうがない、っていうのができてきて
目をつぶってしまえばそれほど嫌ではないのかも
日本に帰省中の友人に借りた本や、買いっぱなしになっていたハルキ本を消化しているここ数日
蛇足だけども、日本の文庫本て素晴らしい発明だ
日本人が総じて賢いのも不思議ではない

ちなみに読んだ本は
・神の子どもたちはみな踊る
・スプートニクの恋人
・世界の終わりとハードボイルドワンダーランド(読みかけ)
・ダンス・ダンス・ダンス (上)、(下)
・風の歌を聴け

しかし、こう立て続けに読むと価値観やら文体がにかよってきそうで怖いのだけど
今のところ影響を受けているものは日々の食事くらいなもんで
それでもステーキを焼いて醤油と玉ねぎのソースをかけてそれが実際おいしかったりすると
ピチカート的な胡散臭さに我ながら少し引いてしまい
さすがに今日、ビールとフライドポテトの夕食は踏みとどまった
(私だって、ピチカートが好きだった日々もあったわけだけど)
でも食べたらきっとおいしかったと思う

そして、(現実的には)女の子にしては珍しいと思うんだけど、靴の底を食べて生きている私は
かかと部分がそれぞれに傷ついている靴三足を修理に出すつもりでかばんにほうりこみ
これまたかかとの薄くなったスニーカーでmanhattanを丸二日歩き回ったのだけど
こういうときに限って修理屋さんが見つからないので更に靴底を減らしました

時々、引っかかる、というか頭にこびりつく言い回しがあって
そういうハルキは好きなんだ
たとえば、親切 (五反田君)、とか

並行して読んでいる”佐藤君と柴田君”がなかなか面白い
東大で英語を教えてる(当時)翻訳者、佐藤良明と柴田元幸の交換日記的エッセイ
佐藤君はこの際どうでもいいんだけど、やっぱり柴田君が素敵だわ
言葉の感覚とか言葉に対する節度とかが近いんだ
すごく共感する
彼の訳したオースターにどっぷり使ってるせいもあるかもしれないけど
卵かひよこか、ってとこでしょ
大好き
彼が小説を書いたらどんなのができるんだろう

そんなん(?)だから、
私の左腕を飾る腕輪(こちらでどうやらはやっているらしい、nike製の黄色いゴムのチャリティー腕輪)に書いてある
live strongっていうのが
いやに啓示的に響く

明日から平日だ
前進するぞー
[PR]
by halcan2 | 2004-12-20 16:17 | ny

can't log on to the internet from my home

but other than that, i'm doing fine

there were a shooting for mtv promo, the other day
i was pretty much doing ping pong for a whole day
i only had two lines

was a lot of fun

people there seemed all nice and cool

what surprised me most was that
there were a chef for lunch
they build gas table at the gym and cooked everything from salad to dessert
yumm...

this whole thing made me feel that i'm taking part of the society
which i haven't been feeling for long time

hope you all are well, and have a wonderful, wonderful holidays!

peace to you all
[PR]
by halcan2 | 2004-12-18 05:07 | そのほか

大器晩成の実践

ギャンブル好きで万年問題児の伯父が田舎町の役所の収入役になって
親戚中が上へ下への大騒ぎだそうだ
あぁ、わたしも渦中で大騒ぎしたい

母から、役所も洒落たことをするねえ、なんてメールが来て
確かに、度量が大きいというか、ジョークのわかる役所だと思った

いや、伯父は(本当は)頭いいし公平な人だから汚職とは無縁ですよ
それだけは胸を張って言えます

年の瀬にめでたいニュース
[PR]
by halcan2 | 2004-12-10 02:29 | そのほか

朗報

わあぁぁぁぁ!
on holdになってた仕事が決まった!
うれしいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

仕事全然取れないのにオーディションをくれ続けたエージェントに感謝

うまくいきそうな予感はあながち間違いじゃなかった

よし、前に進むぞ
[PR]
by halcan2 | 2004-12-08 04:29 | auditions

"in the presemce of extraordinary reality, consciousness takes the place of imagination"

今日は朝からなぜか電話が鳴りっぱなしだった

にも関わらず、電話をする、といわれた人からは電話がないし、
会うという話になっていた人からはついぞ連絡が来ず
大きな失望感と小さな期待感を持って
リトルイタリーにあるカッフェやチャイナタウンにあるチャイナ感満載のスターバックス等で
読書をしながら延々と時間を潰す
ぷち、ぷち、と秒針に潰されながら潰す互角の戦い

台本に書かれているのか、ってくらい都合よく朝から続く雨が降っていて、鬼のように寒い店内で
invention of solitude / auster を読みながら、我流invention of solitudeだなんてなんたる皮肉、と自嘲
カッフェで買った冷凍してあるおいしいお菓子がカバンの中で溶けていき
先ごろ道端で買ったあったかくて柔らかい豆花も光速で冷めていく中、
そういった世の中の幸せなものはなくなってしまえばいいんだ、ざまあみろ、
なんて誰ともなく悪態をついている頃

一本の電話が

図らずも借りパクになっていたものを、返せ、とのことで
そういえば一日中持ち歩いていたものを受け渡しがてらごはんを食べよう、ということになり
更に小一時間潰す
途中、隣のアメリカ人男子と日本人女子のカップルが日本語でバックギャモンをはじめて
austerの小気味がよくて難しい英語とそりゃもう真剣に取っ組み合っていたあたしは大いに水を注がれる

雨の中わざわざ中華街まで出てきたのに、じゃあ、といって韓国料理屋さんへ行くあまのじゃくなわたしたち
あったかくておいしいご飯を食べながら
割にどうでもいい話を続ける
今日はそういうのがとてもありがたかった

タイトルは読んでいた本に引用してあった句なんだけども
austerって、離人症みたいなところがある
自分の内に入り込みすぎて世の中の自分を含む全てのものから隔離されているような感じがする
それでこそのあの創作の数々なんだろうけど
こういうタイプの人が自分のそばにいたら結構大変かも

意訳するとしたら、
ありえないことを目のあたりにすると意識はまるで想像のような働きをする
てとこだろうか
柴田さんはどう訳してるんだろう
英語を日本語に訳す作業ってあんまりしないけど
してみるとやっぱり理解しやすい
[PR]
by halcan2 | 2004-12-07 16:22 | ny

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31