halcan



<   2005年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今夜もやっぱり

嫌なことがあるといつも頼るのは小沢健二で
今日も静かに噛みしめながら音楽を聴いたりdoowatchalikeを読んだりしてます
犬のライナーノーツでドライブ中に何回か聴いてくれれば、みたいな事書いてあったけど
いやいや、姿勢を正して、時には正座で何度でも聴いてるのはあたしだけじゃない絶対

十年前の僕らが胸を痛めて聴いてたものが
それ以上の強さでぎゅうと締めつづけるのよしつこいようだけど

十年前っていうと、永遠に続くような気がしてた受験勉強の日々を
テレビやラジオにかじりついて新曲を覚えたり
終わったらしたいことリストを作ったりしてだらだらと過ごしてた頃かな

そのときから十年前に彼らが胸を痛めて聴いていたという愛しのエリーなんていう曲は
私にとってはほとんど聴いたことのない親世代の懐メロでしかなくて
そもそも音楽を聞いて胸を痛めるなんて結局のところ理解できてなかったのに
曲がりなりにも経験を積んで胸を痛める方法を取得したの今は

あぁ、こんなふうな言葉が自分の体から出てくるのってどんな気持ちなんだろ

気付けば彼らがフリッパーズでやんちゃをしてた年もとうに過ぎてしまったのねえ

今も昔もこうしてひたすら逃避をして目の前のものをやり過ごす姿勢は変わりません
[PR]
by halcan2 | 2005-02-15 17:10 | 音楽

情報アンカーだから

職場の若者組と仲良くなろうと思っておでかけをしてみる

耳の早い人っていうのはいるもんで情報アンカーであることを痛いほど認識している私は
どこからそういう話が入るのかと聞いてみたら
地下にある従業員の休憩室だというので
今日は休憩室デビューしてみた

こうして職場の外の居心地がよくなるのと比例して
職場の中で孤立してくんだ

視野の狭い人たちは大嫌いだよ
染まるくらいなら疎外されてたほうがよっぽどいい

次の会合は水曜のカレーでその次は木曜のthe music
時間ていうのは自分で埋めてくもんなんだ

さて、一人のvalentine's dayを祝してとっておきのワインをあけよう

happy valentine's to you all
[PR]
by halcan2 | 2005-02-14 14:41 | ny

サザエさん

Dは女の子が大好きで
こないだ、お酒を飲みに行ったら
よし、帰って掃除しよ、と言って嬉々として帰っていった
なんでもお部屋が片付いていないと女の子を誘う気にならないそうだ

てことは

ブラウニーに期待するのって根本的な大間違いなのか


今日はかつて東欧でスキンヘッズの一員をやっていた子の
焼けぼっくいに火がついた話を聞くために
夜中なのに、大嫌いなeast villageに出かけていった
あたしの髪がどうしようもなくサザエさんだったので
窓や鏡に映る自分の姿に笑いがこみ上げてしょうがなかったんだけど
そういう日本のコンテキストを全く知らない子だったので
折角の髪も台無しだった
(あたしのほっぺがアンパンマンのときも理解してもらえなかったんだそういえば)

そんなことを思っている間も彼はドラマチックなことが大好きなその女の子の話をしてた
彼女がe-mailで送ってきた詩を読まされてもさっぱり理解できない
(自分が特別だとか言ってしまう子に限ってほんとにおもしろい子だったためしがない)
これって、あたしがジゼルの二幕を(踊れたとしたら)踊るのと同義?
あたしが一人レントをやってしまうようなもの?
詩をおくるのって実は結構行われてることなの?
極端な形の心情の吐露が自分だけに向かうベクトルで行われたから
誰か第三者の目が欲しかったってこと?
つかただののろけ?

人に話す時点でもう答えってのは出てるんだからさ
さっさと戻ればいいのに
一緒に薬漬けになって世界の果てを見てくればいいのに
ばっかみたい

不毛だなあ
人の話を聞くばかりで
あたしももう少しスパイシーな人間関係が欲しいなあ

しょうがないからeast villageのもう一つの名物であるインド人街でチャイマサラを買った
[PR]
by halcan2 | 2005-02-08 16:57 | そのほか

コンタクトレンズ

朝いつもどおりに身支度を整えて外に出てしばらくしたら
やけにものが見えないことに気がついた

なんか随分目が悪くなってしまったのね
と思いながら一日を過ごしたんだけど
時間に比例してくるはずの強烈な目の乾きがなくて
どうしたんだろう、と思って
さっき寝る準備をして気がついた

目の中にレンズが入ってない

まずい、目の裏に入ったか、と思いきや
片方のレンズはケースの中に入っていて
もう片方はなくなってた
何が起こったんだろう
睡眠不足で寝ぼけてたのかな

明日から新しいレンズで気分も一新
[PR]
by halcan2 | 2005-02-05 02:29 | そのほか

またきたか・・・

男の子から恋人や愛人と別れた、という相談をやけに受ける
男の子ってさ、いろんな局面で女の子ほど強くない

だからお付き合いしましょう、っていう風に流れるわけじゃなくて
まだ彼女のことが好きで、と泣きだす始末
・・・っていうのがまたあった
(誰かが誰かのことを真剣に考えて悩んでる姿って言うのはどういう形をとっても美しいと思う)

ひとしきり聞いた後で
なぜかみんなわたしに別れた女の子の話をしたがる、といったら
申し訳なさそうに、お茶を濁すように
あの、じゃあ、聞き役に回るけど、どんな子を探しているの?
と聞かれたので考えて結局
ブラウニー、と答えた
意識してなかったけどやっぱりブラウニーみたいな子が好きなんだな

 だって散らかった部屋はすみにくいんだもん
 ていうきわめて実用的な理由しか思いつかないけど
 もしかしたら進んでそういうことをしてしまうマソキスト性が好きなのかも
 じゃなかったらマザーコンプレックスなのかも
 あ、それで世の男の子たちは同類だと思ってくるのかな
 ある種の女の子がゲイの男の子だと心を開けるように

そしたらメタル好きな彼は即座に
僕はゴブリンが好き、て返してきて
なかなかやるな、と思った

友達いないなあとずっと思ってたけど
ふと気がつけば何人か信頼できる人たちがいて
ようやくここの土地の人になった気がする
日ごとに、年ごとに、ゆっくりと
[PR]
by halcan2 | 2005-02-04 08:06 | ny

やっちまったー!

っていうのが朝目が覚めて口をついた言葉

人生で二回目の記憶をなくした夜で
奇跡的に自分の部屋のベッドの上で無傷で目を覚ました
いやあ、根雪の残る氷点下のnyで夜を過ごすのは嫌ですよ
気の違ったタイプの人にレイプされてもおかしくない
極論を言えば

遠縁の同僚のお別れ会だったのでぶち壊してなかったか気がかりだったのだけど
調査を進めたらそんなこともなかったようなのでほっとした
あることないこと吹き込まれたけど多分大丈夫だったんだと思う
いい人ばかりでよかった、本当に

お酒は強いほうだから自分でセーブすることってめったになかったんだけど
それが裏目に出ましたね
自分のパーティーならともかくほかの人のパーティーでなんてもう穴があったら入りたいです

以後気をつけます
[PR]
by halcan2 | 2005-02-03 04:35 | そのほか

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28